通販で買ってやっと手にした念願のアモバン|これで毎日眠れる夜

通販で買ってやっと手にした念願のアモバン|これで毎日眠れる夜

不眠症の症状と原因

「寝ようと思ってもなかなか眠りにつけない」、「眠りが浅くすぐに目覚めてしまう」、「長く眠いっていることができない」などの症状を不眠症といいます。現在多くの人たちが悩んでいるといわれており、日本ではおよそ5人に1人とう人がいるとされています。

一言で不眠症といっても多くのタイプがあります。なかなか眠りにつけないことを入眠困難、眠りが浅く夜中に目が覚めてしまう中途覚醒、すぐ寝ることはできるが深夜や早朝に目が覚めて練れなくなってしまう早朝覚醒などがあります。これらのうち1つが出てしまう方もいれば、人によっては全ての症状が当てはまってしまう方もいます。

不眠症になってしまうと日中も「常に睡眠不足のため、いつも眠い」「集中力の低下」「だるい」「イライラする」など、問題が多く出てきます。人体にとっても睡眠は食べることと並んでとても重要なことなんです。

眠れない原因も様々あります。仕事や家庭生活でのストレスや精神障害、健康障害、薬物、幼年期の行動からくる不眠、仕事などで昼夜逆転の生活などいろいろなものがあります。症状や問題によってもその治しかたも様々です。自分の原因にあった対処が必要となります。まずは少しでも問題を取り除く努力をする必要があります。ただ仕事や家庭環境などすぐに改善できないことも多と思います。

そんな方は、お薬を試してみるのも良い手でしょう。とくになかなな眠りにつくことができない入眠困難の方におすすめなのが睡眠導入剤です。この薬は普通の睡眠薬と違って特に入眠させる力が強いお薬で、寝つきを改善するのに用いられます。即効性があり、短時間型と呼ばれています。睡眠導入剤にも様々な種類があり、有名なものだとアモバン、ルネスタ、ハルシオンなどがあります。入眠困難の方には睡眠導入剤ですが、夜中に目が覚めてしまう方には中時間型や長時間型と呼ばれる睡眠薬があるので、自分に合ったものを飲む必要があります。

改善の一つの方法として睡眠薬は役に立ちます。ただ原因も合わせて対処しないと睡眠薬が手放せなくなってしまうので注意が必要です。