通販で買ってやっと手にした念願のアモバン|これで毎日眠れる夜

通販で買ってやっと手にした念願のアモバン|これで毎日眠れる夜

アモバン錠の詳細

アモバン錠とは、1989年に発売開始となった非ベンゾジアゼピン系の内服型睡眠薬です。一般名はゾピクロンです。
その特徴と効果は、どんなものなのでしょうか?
まず睡眠薬の作用時間にはその時間によって4タイプに分類されます。
薬剤の血中濃度が半分になるまでにかかる時間を半減期と呼び、だいたいの作用時間を表します。
この半減期が2から4時間のタイプを超短時間型とされます。そして半減期が6から10時間のタイプを短時間型、12から24時間のタイプを中時間型、24時間以上のタイプを長時間型とされています。
ゾピクロンは、このタイプの中では超短時間型に入り、半減期は約四時間つまり、作用時間も四時間ということを意味します。
これは、即効性、更には身体に長く残りにくい、身体への負担が軽いということを指し、超短時間型の嬉しい特徴として知られています。
また、睡眠薬は、半減期・作用時間によって4タイプに分かれるとありましたが、血中最高濃度到達時間と作用時間は、薬の種類によってもっと細かく、様々です。他の薬と比較してみていくと、アモバンのタイプはハルシオンとマイスリーと同タイプに入りますが、他の2つと比べると即効性は劣るものの、半減期(作用時間)はそれらよりやや長めとなっています。
即効性を表す最高濃度到達時間は0.75~1.17時間、3.66~3.94時間で、半減期(作用時間)は3.66~3.94時間です。

そこで、有効的な使い方としては、1時間前後で血中濃度が最高値に達することから、寝つきが悪くて、すぐに寝つきたいという時に適切な効果を発揮します。そのため、逆に6~8時間ぐっすり長く眠りたいという場合は、不向きでしょう。その場合は半減期が6時間のデパスや、7時間のレンドルミン、7.9~13.1時間のリスミーなどが適切と判断できます。
それぞれ、微妙に即効性や作用時間が異なるので、自分の症状を医師と相談し、より効果的な薬を選ぶことが肝になるでしょう。

では、アモバンがより合う人とは?
まず苦みのある味ですので、それが気にならない方。
そして入眠障害の、なかなか寝付けない方には最適です。が、中途覚醒の改善を目指す方には不向きでしょう。
また、即効性ですが、服用後、15~20分程で眠気が出始めるので、医療機関では就寝直前に飲むことが指示されるようです。
飲んだ後に、思いついて何か仕事をし始めたりされるのは危険です。ふらついて転倒の危険があることを頭に入れておきましょう。